新築向けガーデン 施工例

茨城県土浦市 H様邸

街を一望出来るウッドデッキと芝生の庭

ご依頼内容

実家と自宅の間にある庭に、ウッドデッキがある素敵な庭を作って欲しいと言うことでした。また、実家と自宅の間にあるモサモサした植栽部分を剪定、もしくは排除し、丸見えの実家では無くスッキリした庭にしたいと言うことでした。

設計コンセプト庭面積:112㎡(約34坪)

御実家との関係を見えそうで見えなく、でも声は聞こえて来そうな庭をイメージしてスリット柱を使いベンチを配置しました。もう一つは、建物が高台に建っておりロケーションを生かし、ウッドデッキからの眺めを意識しました。庭はもちろん、街を一望出来るイメージでのウッドデッキをデザインしました。

ベンチとウッド調アルミのスリット柱を御実家側に配置することで、目隠しも聞かせながら庭を広く使えるようにしました。

お孫さん達の声が、御実家に聞こえる距離感あるベンチ。

庭の片隅にボサボサになっていたクチナシを綺麗に剪定してメインツリーとして起用してみました。また、石積みと合わせることで寄り引き立つ樹木になりました。

施工前

施工後

ウッドデッキは、耐久性のあるウリン材を使用。基礎が高く、GLまで高さが60cmあったので、ちょうどデッキに座ると足の位置に一段目の石張りの階段を設置して、縁側に座れるようにしました。階段部分は、落ち着きのあるポルフィードのグレートとブラウンをミックスにしました。

ちょいベンチに座ると庭はもちろん、街を一望できるロケーションです。

御実家との連絡通路も楽しくなるように洗出した遠路を制作。

絶景ロケーションを演出するスズランの木

ツツジ科/ゼノビア属:北アメリカ東部原産

クチナシ

アカネ科/クチナシ属:常緑低木